子供と接する仕事がしたい!保育士の免許について

保育士の免許について

子供が好きで関わる仕事がしたいという人もきっと多いですよね。子供に関わる仕事の一つに保育士があります。保育士として働くためには国家資格である保育士免許を取得する必要があるのですよ。以前は保母さんなどとも呼ばれていましたが、現在では女性だけでなく男性でも保育士の免許を取得して働くことができるのです。保育士の免許は厚生労働省が管轄している資格であり、幼稚園教諭は文部科学省が管轄しているので別の免許になります。

保育士の免許取得方法とは

保育士の免許を取得するためには厚生労働大臣に指定された専門学校や大学、短大などで学び卒業する必要があります。それ以外の方法としては学部に関係なく大学や短大、高校を卒業しているなどの受験資格を持ち、保育士の国家資格を受けて受かる事です。専門的な学校で学んでいなくても保育士の免許を取得できれば仕事ができるという事になりますよね。テキストや通信教育などでも保育士の勉強をすることができるので学校に通えない人でも目指すことができます。

保育士として働くには登録が必要

保育士の免許を取得したからと言って実はすぐに働けるというわけではないのですよ。取得したら都道府県知事へ登録する必要があるのです。登録を申請して保育士登録名簿に名前がのって初めて保育士として仕事ができるのですよ。登録するには難しいことはなく申請書に必要事項を記入して、他の必要書類と一緒に決められた保育士登録機関に送るだけです。すぐに保育士として働きたいという場合には早めに登録を済ませておくとよいですね。

保育園の求人を好みの条件で探したい場合には、情報が満載で支援も充実しているサイトを利用すると便利です。